豊穣ランドファミリーさんへのメッセージ


豊穣ランドファミリーさんへ

 

2020年 がやってきました。
今年一番必要なものは コミュニティに参加していることと食糧です。

 

2005年 私たちは大地から この時代をのりこえる方法と、自分たちの役割を教えてもらいました。
そのとき私は 『えー全く想像できない!!』という思いと、『ものすごく納得がいく。それならば自分の
やれることをやりたい!!』という自分がいました。

そして、そのときに決めたのが『完全自給できる農業で コミュニティを創る!!』でした。
 
そして3年前、よしみんのおかげで いきなり淡路に引越し、いよいよ着手することとになりました。笑
 
農業の新しい形を創る。というのが表向の理由で、
 
【命をつなぐ場所創り】
 
が本当の目的でした。
 
それを2020年までに用意しなくてはと、駆り立てられ楽しく準備してきました。

2020年、天と地がひっくり返るくらいの、大きなルール変更が世界的に・・・そして日本から始まると
聞いていたからです。
 
そこで、その時代をのりこえるルール変更を知ってもらうために、叡智の学校を開催することを決め
命をつなぐ場を豊穣ランドで創り、2年間みんなと練習を重ねてきました。
 

「自分の得意なことをして 村の役に立ち 生かし生かされる ありがとう村の創造」
 
が 本当のミッションでした笑
 
この小さな村が、これから日本のみならず、世界の雛形になる。と確信して始めました。
こうやれば幸せに くらせるよ!!というモデル作りです。皆さんはモデルさんでした!!!
 
この村の一番大切にしていくことは 『いのち』です。
 

今 世界では 大都市のロックダウンが はじまっています。日本もまもなく始まるかもしれません。
しかし、これは今年で収束するものではなく、今後3年間ますます大きな変化が予測されるものです。
始まりでしかありません。

そんな中で、みんなの実家として、いつでも受け入れできる状態を創るのが私たちの志事です。
 
 

みなさまからお預かりする会費は、いのちをつなぐ村の『運営管理費』です。
決して野菜代ではありませんし、月に一回の豊穣ランドの日のイベント代ではありません。
この場を創り 次世代の子供達に残す。それが私たち大人が、今できる事だと思っています。
 

しかし、全ての方を受け入れられる大きな村ではありません。
その人数になりましたら、残念ながら、しっかり締め切らせていただくことが、この村を守ることでもあると覚悟を決めています。そのため、今年から一般公募をやめる選択をしました。
 

そして今年、継続される方と、その周りの大切な方への口コミだけの受け入れにしようと思います。
是非、ご自分の家族や、大切なへのご紹介とご登録をお願いいたします。
奥様だけの登録をされている方も、是非ご主人様も登録してください。
何かあったとき、ご主人を置いてくるのは切ないじゃありませんか 笑
 

豊穣ランドの日に毎月来れなくても、淡路に備蓄をしているとお考えください。
来れる日に、野菜を収穫しにきてください。
 

これからは、お金の価値も本当にどうなるか?わからない時代です。
安全な場所の確保をしてください。
 
ありがとう村の最大に素敵なところは、かりに「その時」が来て、避難してきても、豊穣ランドの日となんら変わらず相変わらず楽しいということです笑
 
そしてもし、避難する必要がこの先こなければ、豊穣野菜を食べて免疫力を上げ元気でいていただけます。
 

皆さんと楽しく、この3年を乗り越えていきたいと思っています。
みんなで、素敵な村を創っていきましょう!!
 
みなさまと共にこの時代を経験できることに 誇りと感謝を込めて・・・
 
 
淡路ありがとう村 さゆみん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA