いつもは言わない話を、今日だから。


大阪で震度6の地震があった次の日にあった ありがとう農学校
震源地近くの方 自宅で待機される方がいる中で
朝から今日はやるんですか??ど問い合わせをいただきました。

私の気持ちは 硬く・・・・
『こんな時こそ やります!!』でした。

それは どうしてなのか???

そんなことをお話しさせていただく機会となりました。
真剣な話しに私の気合もマックスの連発 笑

気合入りすぎて 足が必要以上に開く(笑)

そもそも なぜ私たちが農学校をやっているか?

それは 日本人の命をつなぐ

これが大きなテーマです。

それは どうしたらできるんだろう??
15年前から 考えていました。

15年前 天候不順に見舞われ 農産物が大打撃を受けた経験がスタートです。
今年1年の変化だと、最初は思ったの。

でもでも 次の年も 次の年も 何かが変なんです。

5月の北海道の30度を超える温度。
6月の氷を含んだ雨。
7月の北海道にはない2週間続く雨
ゲリラ豪雨と突風
冬にふる雨
変な時期に咲く桜。

毎年何かが起きる・・・・・

 

地球の悲鳴に気がつき始めたのはその頃でした。

どうしたんだろう??? 何がおきてるんだろう???

そんな中 大地がお引越しをして
私たちは なんのために これから 農業を続けていくんだろう??考えました。

そしてでた答えが 日本の命を支えていくでした。

そのあと すぐに起こった福島の震災。

その時  畑に野菜があっても届けることができない!!という事を強烈に知りました。

 

そして、ライフラインが止まると 何も物資を調達できない・・・
ということは 畑があっても ほとんど輸入に頼っている肥料 農薬 種
これらが すべて入ってこない可能性が大きい。そうだとしたら・・・・・・

どんなに畑を持っていても みんなの食べるものを何一つ作ることができない農業であることに
愕然としました。

そこから どうしたら どんな時もみんなの命を支えることができるのか????

そしてたどり着いたのが ありがとう農法です。

農薬も肥料も必要としなくても食べるものができる。
食べると元気になる 生命力の高い食べ物ができる。
もし 万が一種子が入ってこなくなっても
その野菜から種子を増やし 植えて増やすことができる野菜ができる。
(今の野菜は 種を取っても育たない野菜がほとんどです。)

循環する農業をつくりたい!!!!!

そのことの挑戦が始まり、それはどうしても諦めることができない私たちの使命でした。

そして ありがとう農法は完成しました。

しかし 九州の災害が起きた時 またもや考えました。

運べない・・・・ その地域で 野菜がなければ食べるものがとどかない。
そのためには その地域地域で ありがとう農法で野菜を育てる人がいないと!!!

そう思って 教えていく事を決め 淡路に来る事を決意。
 そこで生まれたのが 自分でありがとう野菜を作れるようになる 「ありがとう農学校」でした。

そして それが人とのつながりを築きながら

いざという時は みんなが集まれる実家をつくりたいと思い
できたのが 豊穣ランドです。

その地域に 農をベースにした コミュニティが 絶対必要になる。
それも近い将来。それがみんなの命と心を支える。

命をつなぐ場になる・・・・

そう思いが湧き起こりました。

これが ありがとう農学校 豊穣ランドの 裏目的です。

だからこそ こんな時だからこそ、私たちは大丈夫ですよ。と言いたかった。
今回は いざという時には・・・というお話をたくさんしました。

こんな草も 食べられるよ。

土さえあれば トイレもこうしたらいいよ。

いざという時は たかちゃんファームがみんなをまってるからね。

大豆も作っておくから 保存食も作るからね。

井戸水があるから 水を汲んで行ってね。

食べるものを 作れるノウハウと 仲間が ここにある事を 確認していただきたかったのです。

そして、自分の家族だけではなくて、ありがとう農法が実践できるひとが 一人周りにいるだけで、
たくさんの人を支えることができる!!!!
それが ものすごい事何んです。
だって こんなにたくさん たべものがあるんだから!!!

食べ物を豊穣から 生み出すことができるんだから!!

そして ありがとうが循環するんだから!!!

今 日本の大地はうねりを起こしています。
サーフインのように。変化して動き続ける。

私はそれを進化と捉えています。

波に飲まれるか、波を乗りこなすか・・・・

私は波に乗る方法を大地に教えてもらったし、みんなと波乗りをして行きたいと思ってます。

それも楽しく !!!!

今から見たこともない ビックウエーブを乗りこなして 歓喜の声を上げる日本人の姿を
きっと 世界の人が見て 感動することになる・・・そんな風に思うんです。

 

自分だけが良ければいい という民族ではない私たち日本人。

困った人がいたら 助け合い みんなで支えあい 共に文化を育む。
それが日本人の凄さ。

だから 今私たちは 言いたい。

農を学んで!!!! 命の循環を起こせる農業を。

そして、たくさんの人を支えて!!!あなた自身が。

それが 一般社団法人 大地が教えてくれたことが やっていく
大地からもらったミッションだと そう思っています。

安心して!!

私たちがみんなの食べ物を作るからね!!!
気合の入った今回の農学校 がっはっはっは!!!!!!笑

 

みんなで喜びの世界に レッツゴーー!!!!!

まだまだ やれる事 いっぱいあるで!! 笑

たかちゃんファームで 私たちが待ってるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA