篠山ありがとう農学校 卒業式。


9月から始まった篠山農学校。

どうしても、篠山でやりたい!!と言ってくれたシゲやんの畑での開催。
早くも卒業式を迎えました。

 

シゲやんのおとうさんが使っていたというこの畑。
おとうさんは、天国へ行ってしまってから 使ってはみたものの
どうもうまくいかないという畑での開催。

開催前、一度お邪魔して まずは近くの神社に挨拶。
なんと、そこはイザナギ イザナミの神社でした。
今回もまずは、無事やらせてもらえたことを伝えに二宮神社へ。

初めて畑にご挨拶した5ヶ月前、
豊穣棒で 菌たちにアクセスしてみると
なんと!!!! もう8年も無肥料でやっていたという畑に
硬盤層が15センチのところで、頑張っている・・・・・・

どんな具合か種を蒔いてみると、発芽しない!!!

苗で植えたものは、育っている。
    

えっ????なんで???どうした???

と畑に聞いてみると、育てる力はあるのにすっかり自信をなくしてしまっていて
可能性の芽を出す・・・という行為に、自らストップをかけている状態だということが判明。

以前から この畑は できが悪いので、みんながいつもあの畑はダメだわー
と認識していて、それを長年聞いていた畑が完全にいじけるを超え
自分はダメなんだ・・・・とすっかり思い込んでいる。

「もう大丈夫! 一緒にやろう。本当はできるんだからみんなに見てもらおうよ!」

と 熱ぐるしく説得し(笑)
オッケイをもらったてごたえを感じました。

そこから、どんどん発芽するようになり

受講生のみんなも 楽しい!!! 可愛い!!!!
と とても畑に愛情を注いでくれて

そうなの? 俺たち以外とできるかも???と 畑が心を開いてくれだしました。

12月には、蒔いてもいない 野菜が発芽し大きくなっていました。

多分、おじいちゃんが遥か昔に蒔いた種が今 突然発芽!!!!!

時を超えて土の中で可能性の発芽を待っていたんだろうねー

おじいちゃんが、喜んでいるような気がしてすごく嬉しかった!!

みんなで口々に「おじいちゃん ありがとう!!!」と

おじいちゃんに感謝して、山菜のように収穫しました。笑

蒔いてないのに 収穫できる大いなる自然の豊かさを感じたなー。

 

シゲやんも、えっ???親父??? とびっくりした後 とっても嬉しそう。

出てきた野菜に 親父ありがとうな・・・・とぼそっというシゲやんに ジーーーーーン(涙)

そんなシゲやんも卒業(笑)

今回は、初めて 春コース 秋コースと2回続けて卒業した方ができました。

みんな口々に 卒業が寂しいーと言ってくれ
やってよかったなーって嬉しくなった。

今回は9月に植えた 芋の収穫

今回は シゲやんの他にも農家さんがいてくれて、嬉しかったー
お茶を作っている チャーちゃん

最後は、畑にみんなで空気を入れ 感謝を伝えて終了。
シゲやんの奥さんのしげみんから、みんなに一言。

「何が良かったって、うちの畑をこんなに良くしてくれてありがとう!!」 みんな爆笑。

いつもお茶やお弁当 いろんな準備をしてくれたしげみんありがとう!!!!

みんなを思いやり 地球を思いやり 協力して農業をする幸せと豊かさ。

いつもみんなが言ってくれる言葉

農業の技術を学びに来たけど、ここで学ぶのはそれだけじゃなくて 人としてのあり方でした。

そして、最後にみんなが手にするのは

農作物に加え 安全な場所 心豊かな仲間たちの輪と心の暖かさ。

これが本当の豊かさなんだなーって思うんだ。

 

自分の得意なことをして人の役に立ち 生かし生かされつながる世界。

また一つそんな場所ができた!!!!あー幸せ。

 仲間になってねー待ってるよー

ありがとう農学校 春コース
大地の学校 

みんなで喜びの世界にレッツゴーー!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA