『ありがとう農法と言う生き方』in 篠山で約束を思い出す。


ニート 引きこもりの子と、農業をやっている

グラマー園のしげやんのとこに、お話会に行ってきました。

先月、一度伺って畑を見せていただき、

頑張ってるーーー!!!(涙)  って感動。

 

 

しげやんも しげみんも 働いている子たちも 畑も 菌たちも 硬板層も

農村も・・・・・みんな頑張ってるなーーーって。

 

愛おしい。

それで、ここでありがとう農学校やれたら、いいなーって思った。

 

ありがとう農法のいいところは、

全てのものが、緩むってこと。

菌や 心や 畑や 人・・・緩むことで循環する。

 

志の高く、頑張っている人こそ応援したいなー。
共にやりたいなー

そう思っていたら、

 

まず 「ありがとう農法」と たかちゃんを知ってもらおう。

ということで、しげやんが企画してくれたお話会 第一弾が昨日の夜 開かれました。

 

 

 

映画を見てくれたひと

わざわざ岡山から、3時間かけてきてくれた方。

大地の学校、卒業生。

嬉しかったなー

 

前回、畑に伺った時に、人と話すのが苦手だ・・・・

と言っていた青年が、今回 ものすごい笑顔で出迎えてくれた。

えーーーー????どうしたの? 球児!!!! 感動

ものすごい素敵な笑顔なんですけどーーーー!!!!

 

彼曰く。

2人が帰ってから、たかちゃんの本を読んで、決めたんです。

僕も笑顔で生きようって!!」

 

涙。 本当に素敵な笑顔だった。

 

みんな、人生の中で色んなことがあっただろう。

そして、日々色んなことがあり続ける。

辛いこと、悔しいこと。嬉しいこと、不安なこと、楽しいこと・・・・

 

それでも、人は懸命に生き続ける。

人は本当に美しい。

 

どうせ、生きるなら自分の命と向き合って

自分のできることをして 相手に喜んでもらえたら。

素敵な世界になるなって思う。
そんな世界を、みんなと創っていきたいって思う。

 

 

 

 

 

しげやんが開催してくれた、篠山のお話会の会場は農家倉庫。

米の乾燥機が置いてあった。

 

その倉庫は、洞爺の古い友達の家とそっくりだった。

 

その友は、大地がお引越しをした時に、助けてくれた友。

私の中学校の同級生。

何もわからない私たちに、農業のこといつも教えてくれて

いつも困った時に助けてくれた。

 

そいつが、大地のお引越しの次の年、自分で命を絶った。

 

悔しかった。

 

強烈に、そいつのことを思い出した。

 

今日は、学が そばにいる・・・・そんな風に思った。

私たちは、

農業を豊かなものにする。

農業青年を、サポートする。

それを、彼と約束した。

 

それを、思い出しながら、帰りの車でたかちゃんと話した。

自分たちに、できることから一歩ずつ初めて行こう。

そんなことを、再決意させてくれた、篠山。

 

しげやん しげみん きてくれたみんな、ありがとう。

9月から、ありがとう農学校in篠山 開催するよー

共に、やろうぜー!!!!

喜びの未来!!!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA