サンタさんは本当にいるの?


子供たちが小学校高学年になり、毎年繰り広げられる会話。

「ねえ サンタさんは本当にいるの?」

「お父ちゃんお母ちゃんはサンタさんじゃないよね?」

 

私たちは、毎回思い切り答えます。

お父ちゃんとお母ちゃんはサンタさんではないよ。

サンタさんは5次元の存在で、3次元の肉体を持ってないから

サンタさんに頼まれて仕事をしている大人がたくさんいるんだ。

 

5次元のサンタさんは、意識の世界だから信じている人にだけその現象が起きる。

信じていない人には現れない。

それが5次元の信じるっていう仕組みだから。

この世は、パラレルワールドで時空が重なってるから

寝ている時に時空の裂け目ができて、サンタさんがやってくるんだよ。

だから、寝てる時サンタさんが来るんだよって。

 

子供たちはいつもものすごく納得して

5次元にどうしたらいけるのか?

大地はそこにいるから見えないんじゃないか?

サンタさんと大地は友達なんじゃないか?

と盛り上がるわけです。

 

そして、寝てる時はそこにいけるし会える。

もともとみんなそこから3次元に遊びに来たんだから。

ってことになって、ということはもともと僕たちとサンタさんも友達だったんじゃないか・・・とさらに盛り上がる(笑)

 

大人になって忘れてしまった信じるという力

それを思い出したらサンタさんはまた友達になってくれる。

自分の中にサンタさんが住んでいるから!!

 

お兄ちゃんの太陽が、靴下に入れた手紙は、愛らしく

サンタさんへの感謝のお礼と、

お仕事が忙しくて大変でしょうが頑張ってください

というねぎらいの言葉プラス今年は、

弟には必ずプレゼントを届けてあげてください。

僕も欲しいですけどね。えへへ。と書いてありました。(笑)

 何の疑いもなくもらう気満々の弟!%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%83%9e%e3%82%b9%ef%bc%92

サンタさんから仕事を仰せつかっているお母さんは、目頭が熱くなります。

子供はまるでサンタさんのよう。

信じる心と、喜びを運んできてくれるチビサンタですよねー

例年通り、5次元のサンタさんから依頼を受けて子供達にプレゼントを配る

サンタさんに頼まれて仕事をしている大人3次元サンタとトナカイさん(笑)

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%ef%bc%91

 

大阪からも、サンタさんに頼まれて仕事をしているラブミーな大人から  

プレゼントが届いて涙〜

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88

 

いつも私たちは愛されてる。

いつも私たちは大丈夫。

いつも私たちの願いは叶う。

地球は楽しい遊び場だ!!

 

さあ、次の遊びはこれですよ!

みなさん一緒に遊びましょう!!

たかちゃん出版記念講演会で、未来を語ろう!!

https://www.facebook.com/events/261439314259163/

会場でお会いしましょうね!!